お知らせ令和2年度 歳末たすけあい事業「年越し支援金」のご案内

住民の皆様からお寄せいただいく歳末たすけあい募金から、新たな年を迎える時期に支援を必要とする世帯が地域で安心して暮らせるよう「年越し支援金」を贈呈します。

申請書は、島田市社協広報紙「みんなのふくしだより9月号」p6または、添付のPDFをご利用ください。

対象となる世帯 在宅で生活されており、申請区分1~3のいずれかに該当する世帯(生活保護世帯は除く)

1、市内在住で令和2年10月1日現在、次のいずれかに該当する世帯
①ひとり親で中学生以下の子どもがいる世帯のうち、児童扶養手当全部支給に該当する世帯
②ひとり親で中学生以下の子どもがいる世帯のうち、遺族年金受給世帯
③令和元年度、令和2年度交通遺児育英奨学金認定者がいる世帯

2、市内在住で世帯全員が市民税非課税であり、令和2年10月1日現在、次のいずれかに該当する世帯
①障害児・者のいる世帯のうち、(ア)身体障害者手帳1・2級(イ)療育手帳A・B(ウ)精神障害者保健福祉手帳1・2級のいずれかに該当する世帯
②満75歳以上の高齢者のみの世帯
③在宅で生活している要介護者のいる世帯のうち、介護保険要介護4・5のいずれかに該当する世帯

3、市内在住で区分1、2以外の経済的に困窮している世帯
支給金額 ・基本金額 一世帯7,000円
・加算額  児童扶養手当全部支給の対象世帯で、令和3年度小学校新入学1年生がいる世帯には、入学祝金を加算します。
受付期間 令和2年10月1日から令和2年11月27日(金)まで
決定・贈呈 申請内容を確認した上で、贈呈の可否について12月中に通知をします。
贈呈方法 12月に振込にて贈呈
※申請時に通帳の表紙、と表紙裏の見開きのコピーを添付してください。

ご注意事項

・申請書へ必要事項を記入の上、対象要件を確認できる証明書類を必ず添付してください。記入漏れ、捺印漏れがある場合は審査ができません。(市民税非課税要件については、市担当課に照会するため不要です。)
・対象要件の確認等、市担当課への問い合わせはお控えください。
・虚偽の記載内容があった場合には、支援金の返還を求める場合があります。
・申請書に記入いただいた内容は、本事業と本会の関連する事業以外の目的には使用いたしません。

お問合せ

島田市社会福祉協議会 生活支援班 0547-35-6244

お知らせ

社会福祉法人島田市社会福祉協議会

みんなで架けよう幸福の橋 はーとちゃん

本所
〒427-0056
島田市大津通2番の1
・総務班
TEL.0547-35-6247 FAX.0547-34-3261
・地域福祉活動推進班
・広報育成班
・権利擁護推進班
・生活支援班
TEL.0547-35-6244 FAX.0547-34-3261
・在宅福祉サービス班
TEL.0547-34-3231 FAX.0547-34-3261
・代表
MAIL.fureai@shimada-shakyo.jp
・福祉のまちづくりセンター(相談)
MAIL.fukushi-machizukuri@shimada-shakyo
ページの先頭へ
社協について
社会福祉協議会の概要
島田市社会福祉協議会の基本姿勢
組織図
会費について
ご寄附のお願い
地域福祉計画・地域福祉活動計画
事業計画・予算
事業報告・決算
定款
役員の報酬等に関する規程
評議員の報酬等に関する規程
役員・監事名簿
社会福祉充実計画
事業内容
小地域福祉活動
島田市内の地区社会福祉協議会の活動内容
福祉教育事業
高齢者福祉事業(島田市受託事業)
介護保険サービス
障がい福祉サービス
在宅支援サービス
生きがい活動支援通所事業
介護予防拠点施設「ふれあい健康プラザ」
地域包括支援センター(高齢者あんしんセンター)
ボランティア
ボランティア活動
ボランティア相談
ボランティア団体・市民活動団体
ボランティア保険
災害ボランティア活動
ご相談
福祉総合相談事業
日常生活自立支援事業
生活困窮者自立支援事業(島田市受託事業)
島田市成年後見支援センター(島田市受託事業)
その他
お知らせ
リサイクル・収集
動画コーナー
広報紙・各種申請書
貸出事業
赤い羽根共同募金
個人情報保護に関する方針
特定個人情報基本方針
一般事業主行動計画
苦情申出窓口のご案内
お問合せ
アクセス
サイトマップ
リンク