事業内容小地域福祉活動

みんなで進める地域福祉

支え合いの仕組みづくりをしましょう

身近な地区で起こる生活課題

生活への不安

活動上の不安

まちに対する不安

今、地域全体で支え合い、助け合うため、人と地域が“つながる仕組み”として、地域福祉を推進する組織である地区社会福祉協議会が必要となっています。

地区社会福祉協議会とは

地区社会福祉協議会(地区社協)とは

住民の生活により近い地域で福祉を実践するため、自治会や民生委員・児童委員、ボランティア等によって構成されている任意の団体のことです。地域で活動する各組織や団体等を「タテ糸」とすれば、地区社協はそれらを福祉の視点で結びつける「ヨコ糸」といえます。市社協の下部組織ではなく、主体的に地域福祉を進める住民組織です。

地区社協は概ね小学校区単位で組織され、市社協とは対等なパートナーとして、住民同士の「助け合い」や「支え合い」により地域福祉を推進します。

地区社会福祉協議会(地区社協)はなぜ必要か

各地域には、年齢構成や生活環境などそれぞれに特性があります。また、住民の皆さんの福祉に対する課題や要望も多様化してきています。その内容によっては、行政や市社協で解決できるものもありますが、地域特有の課題等にすべて細やかに対応するのは困難です。行政や社協が基本的な役割を担うとともに、地域の実情に詳しい地域の各種組織や団体・住民が主体となり、連携・協力して課題等の解決を図ることが求められています。

そうした住民主体の「福祉のまちづくり」推進のために最も適した組織が地区社協です。

地域には、子どもから高齢者まで様々な人たちが生活しています。そこで起こる福祉問題も様々です。それゆえに、あらゆる問題に対応するための地域性を踏まえた、幅広い範囲からの参加協力により地区社会福祉協議会組織を構成する必要があります。

組織づくりのポイント

地域には、町内会・自治会等の住民組織の他に、福祉団体、各種グループ等の活動団体、そして、福祉、教育、保健、医療等の専門機関があり、また、個人で活動をされている方もいます。
地区を構成する方々と一緒に力を合わせて、さまざまな困りごとの解決に向けて取り組むことで、地区住民の安心が広がります。

  • 地域住民全体に支えられた、総意が結集できる幅広い住民組織によって構成されること。
  • 福祉、保健、医療等の専門機関や、教育等の関連領域関係者の参加協力を得ること。
  • 高齢者や障がい者等ハンディキャップをもつ当事者の参加と、それを支えるボランティアの参加を促進すること。

地区社会福祉協議会の活動

地域の福祉課題を解決するための主な活動として、以下のものがあります。

高齢者のために

  • ふれあいサロンの開催
  • 見守り・訪問活動
  • 居場所づくり
  • 外出企画(日帰りバス旅行)

子どものために

  • 子育てサロンの開催
  • 子育て相談
  • あいさつ・声かけ活動
  • 福祉体験学習

交流企画

  • 小学生による高齢者宅の訪問活動
  • 高齢者と子どもの交流会
    (クリスマス会・食事会・輪投げ・農業体験・グラウンドゴルフ・もちつき・昔の遊び等)

広報・研修

  • 広報紙(ふくしだより)の発行
  • チラシ配布・ポスター掲示
  • 地域福祉、ボランティア等に関する講演会
  • 先進的な活動をする団体の視察研修
  • ボランティア養成講座や活動者の研修会

みんなで

  • 地域住民による福祉懇談会
  • 住民アンケート(住民福祉意識調査、福祉課題調査、ボランティア希望調査等)
  • 介護者のつどい
  • 障害者の外出支援・交流会
  • 福祉マップの作成
  • 福祉まつりの開催

地区社会福祉協議会 Q&A

市社会福祉協議会と地区社会福祉協議会の関係は
地区社会福祉協議会は地域住民の自主的な組織(※法律で規定されていない任意団体)ですから、地区社会福祉協議会は市社会福祉協議会の下部組織ではありません。
地区社会福祉協議会と自治会の関係は
自治会はその性格上、地域において一番力の大きい団体であり、地域の情報の伝達や収集に大きな力を発揮します。ゆえに、地区社会福祉協議会が地域できめ細かい福祉活動を行っていくには、自治会と緊密な関係を保っていくことが不可欠であり、よきパートナーとして一層の連携を図っていく必要があります。
地区社会福祉協議会と民生委員児童委員協議会の関係は
民生委員児童委員は、地域での福祉に関する相談・支援のキーパーソンであり、行政と住民をつなげているパイプ役です。地域での福祉活動の情報に一番精通し理解をしている民生委員児童委員は、地区社会福祉協議会が地域福祉活動を推進していく際に欠かす事の出来ないメンバーであり、地区社会福祉協議会においてその専門性を発揮しつつ、各構成、メンバーと同等なパートナーとして活動していくことが強く期待されています。

支え合いの仕組みづくりを島田市社会福祉協議会がお手伝いします

島田市社会福祉協議会は、人と人とを結び、地域の絆を強くする地区社会福祉協議会活動のお手伝いを、地域のみなさんと一緒になって進めます。

  • 補助金の交付(育成補助・運営補助)
  • 職員派遣
  • 小地域福祉活動に関する資料・講師紹介
  • 学習会・研修会の提案
  • 他機関・団体等との連絡調整
ページの先頭へ
社協について
社会福祉協議会の概要
島田市社会福祉協議会の基本姿勢
組織図
会費について
ご寄附のお願い
地域福祉計画・地域福祉活動計画
事業計画・予算
事業報告・決算
定款
役員の報酬等に関する規程
評議員の報酬等に関する規程
社会福祉法人現況報告書
事業内容
小地域福祉活動
島田市内の地区社会福祉協議会の活動内容
福祉教育事業
高齢者福祉事業(島田市受託事業)
介護保険サービス
障がい福祉サービス
在宅支援サービス
げんき教室
生きがい活動支援通所事業
介護予防拠点施設「ふれあい健康プラザ」
地域包括支援センター(高齢者あんしんセンター)
ボランティア
ボランティア活動
ボランティア相談
ボランティア団体・市民活動団体
ボランティア保険
災害ボランティア活動
ご相談
福祉総合相談事業
日常生活自立支援事業
生活困窮者自立支援事業(島田市受託事業)
その他
お知らせ
リサイクル・収集
動画コーナー
広報紙・各種申請書
貸出事業
赤い羽根共同募金
個人情報保護に関する方針
特定個人情報基本方針
一般事業主行動計画
苦情申出窓口のご案内
お問合せ
アクセス
サイトマップ
リンク